あなたも既にパラレルワールドを体験している?(完結編)

TOP > 新着情報 > コラム > あなたも既にパラレルワールドを体験している?(完結編)

カテゴリ

どうも、道しるべ 桐生です

先ずは、今回台風の被害に合われた方に対して、心よりお見舞い申し上げます

被害の軽微なることと、速やかなご復興をひたすら祈念致しております

こういう時はコラムの発信も難しい所がありますが

今回は、前回の続きからになります

前回までは

あなたあなたも既にパラレルワールドを体験しているかもしれない事

もし、そうだとすると『あなたにまだ色々な可能性を秘めている!!』事に氣付くという所までお話しました

本日は、それが何故なのか?から説明していきます

前回のコラムはこちらから

あなたが今自分を不幸だと思っているとします

そうすると、そこには不幸なあなたが存在する世界が広がります

しかし、待って下さい

パラレルワールド的解釈からすれば、同時並行的に不幸ではないあなたが存在する筈ですよね

もし、知人があの時街中で振り返ったとしたらどうなっていたと思います?

そうです

知人はあなたを見付けて、それまでいなかったあなたという存在がその世界に現れます

そう考えるとですよ、今、不幸を感じているあなたもその瞬間に幸せを見付ける事が出来れば、そういうあなたが存在する世界があなたの目の前に現れるという事です

そして、このパラレルワールド的世界観は、人の脳が自分が意識したものしか情報として取り入れない仕組みから考えても、矛盾は生まれません

『でも、今、現に不幸だし、私が幸せになれる可能性が到底あると思えない』

確かにあなたは今の状況そう捉えているのでしょう

ですが、そこです、そこなんです

あなたは、今、不幸を意識しているから、その情報しか入って来ないし、パラレルワールドに存在する無限の選択肢の中の幸せを選択出来ないという事

だから、どんどんその状況が拡大かつ継続していってします

じゃぁ、そんな時、一体どうすりゃいいのって?

それは、先ず、自分で感じている不幸からちょっと意識を外すだけでいい

それを考える事を辞めて、違う事を脳に取り入れればいいんです(キッパリ)

でも

『そんな事言ったって、不安で考えるの止められねぇから困ってんだろ!!』

っていう方、いますよねー

そうですよねー、分かります!!

不安な時は、どうしたってもうそればっかり考えちゃいますよね

だから、道しるべは、こんな時、無理に考えるのを辞めてとか、幸せを意識して下さいとはいいません

それじゃあ何すればいいのか?

その方法は

『ただ歩き回る』です

ちょっと拍子抜けしましたか?(笑)

安心して下さい!!履いてますよ

・・・

もとい

道しるべはかつての体験談から、この行動が誰でも実行出来て、効果がある事を実証済みです

それは、さかのぼる事、数年前、私が人間関係で大いに悩んだ時の話です

こんなノー天気な私でも、かつてそんな時期があったんです(笑)

そのせいでツルっ禿になったんですよー

.・・・、嘘です

ただの天然禿げですよーだ・・・(泣)

はいっ

それでは、話を戻しましょう

その悩みまくった時の私の状態と言ったら、結構ヤバめでした

四六時中その事ばかりを考えて、夜も眠れない状態が幾日も続き

例え運良く眠れたとしても、直ぐに覚醒しその事を夜通し考えて朝を迎えるという具合

そんな状態が1ヵ月ほど続いたんですよ

今から思えば完全にノイローゼ状態だったんですねー

身も心もボロボロ

もう限界バリバリ宜しく状態の私が無意識に取っていた行動が、何を隠そう

この『歩く』という行動でした

氣付くと私は不安がマックスになった時、昼夜構わず自然と部屋中を歩いていたんです

うーん、かなりイッチャッテル(笑)

今思い直してみても何で歩いたのか理由は分かりません

その時、自ら『よし、歩こう』と思った訳では無いんです

もう自然と身体が動いたとしか言いようがない

本当に理由は分かりませんけど、不安に圧し潰されそうになりながら、ただひたすら歩き続けたんです

そしたら、歩いている内に徐々に心が落ち着いて行った

長い時は1時間くらいでしょうかね

家じゅうを歩き回る

真夜中に泣きそうな顔して部屋中を徘徊するスキンヘッド

はたから見たらホラー映画レベルです(爆)

でも、そうやって歩き回っている内に、落ち着きを取り戻して、布団に戻る

その行動を昼夜繰り返すして、1ヵ月位たった時に自然と『もうどーでもいいやっ』て感じになって

いつのまにか、道しるべはぐっすり眠れるようになったんです

そして、今のノー天気な道しるべが完成したんでけど

でです、その時は、この『歩く』という行為が道しるべの不安を消してくれていたとは夢にも思わなかったんですけど

その後、ふとそういえばあのお祭り騒ぎ状態の時に、自然と部屋中を歩き回っていたよなぁと思いだして、色々調べたんですよ、歩く事と不安の関係性を

そしたら、あったんです

歩く事が不安を消す事のキッチリ科学的因果関係が

それがホルモンです

人は不安(ストレス)を感じると、ノルアドレナリンやドーパミン、コルチゾールなどの様々なホルモン物質が分泌されます

これは、身体を臨戦態勢(緊張状態)にして、ストレスから身を守り対抗する為の防衛反応です

ですから、この反応は人にとって不可欠です

しかし、そのストレスが慢性的なものとなり、そのホルモンが過剰に分泌された状態が長引くと不味い

人はそういう状態が続くと、感情のコントロールが効かなくなってしまうんです

過剰に分泌されたホルモンが、今度は脳を攻撃し始め、様々な精神的弊害を引き起こす

ですが、人はこれらのホルモンを制御する作用をもつホルモンも分泌する事が出来ます

それが、セロトニン

セロトニンはドーパミンやノルアドレナリンの暴走を抑える働き抗ストレス作用を持つ、別名『幸せホルモン』と呼ばれるホルモンです

人は元来このホルモンが分泌される事で、ノルアドレナリンやドーパミンの働きを調整する事が出来るですね

じゃあ、このホルモン出し続ければ大丈夫じゃねぇかって思いますよね

しかし、そうは問屋が卸しません

何事にも限界があります

先程も言ったように、もし、あなたが慢性的な不安(ストレス)を抱え続ければ、このセロトニンの分泌が追い付かず、やがて様々な精神的弊害が襲って来る事になるんです

そうです、いつかのデンジャラスな道しるべの様に

じゃあどうすりゃいいのか?

それは、セロトニンの分泌量を増やせばいい

そして、道しるべが調べた結果、その方法が何と

『歩く事』だったんですよ!!

おったまげー!!

なんでもセロトニンというホルモンは一定のリズムで長時間歩き続ける事で、分泌される事が分かっているのだそうで

あの時、道しるべは自然とそれをやっていた

人の身体ってスッゲぇー!!

何と神秘的・・・

ですから、みなさん

もし、今、不幸でどうしようもない、不安で堪らないっていう時はは、是非是非これをお試しあれ

不安を無理に追い出そうとせず

ただただ部屋を徘徊する(笑)

もしかしたら、そうして歩き疲れてふと振り返った先に、幸せとう親しい知人がパラレルワールドからにっこりと微笑んでいるのを見付けられるかもしれませんよ

パラレルワールドはいつでも同時並行的に存在する筈ですから

あなたを護る存在は、いつでもあなたの中にいます

今日も幸せ待った無し!!

只今募集中のイベント

そんな幸せホルモン『セロトニン』を脳幹を刺激することでドバドバ分泌させる

『潜在能力覚醒阿吽エネルギー照射特別セッション会』

〇見えない力を感じてみたい

〇直観力を冴えさせたい

〇身体の自己回復能力を上げたい など

詳細・お申込みはこちらから

10月22日 人生リフォーム『阿吽』説明会

詳細・お申込みはこちらから

只今募集中の講座 

人生リフォーマー養成講座 募集中

詳細はこちらから

人生リフォーマー養成講座の感想はこちらから

量子的タロットリーダー養成講座・阿吽タロットリーダー養成講座

詳細はこちらから
その他お客様の感想はこちらから

道しるべ脳幹・松果体活性読経エネルギー

新潟 -道しるべ- 【全国出張可能・個人セッション・講座・セミナー】
道しるべ
michishirube-niigata.com


TEL:090-3574-8061