何氣なく突き動かされる曖昧な直感を直観へ進化させる

TOP > 新着情報 > コラム > 何氣なく突き動かされる曖昧な直感を直観へ進化させる

カテゴリ

みなさん、どうも

どこまでも『見えない世界』の真理探究を目指す、道しるべ 桐生です

皆さん、『直感』ってご存知ですよね?

ふとした時に、『こうした方が良い』とか『これは嫌な感じがする』と、脳裏に閃くあの感覚です

この『直感』って、凄く曖昧な感覚ですよね

大抵の場合、何でそう感じるのか理由が分からないですから

では、皆さん、『直観』ってご存知ですか?

『直感』と『直観』

何が違うんじゃ~!!

皆さん、どう思います?

道しるべは、こう思います

『直観』は、そう感じた意味が分かる

『直感』は、そう感じた意味が分からない

道しるべは、どちらも大切だと思っていますが、私は、現在、特に『直観』の方を重視しています

先日ゲスト出演させて頂いた、こちらのイベント

そこで、この『直感』と『直観』について、考えさせられる事があったんです

このイベントで、私は、ゲストとして呼んで頂いたんですが、そこで道しるべ読経ヒーリングを皆さんに受けて頂く事にしていたんです

当初は、般若心経に『阿吽』のエネルギーを乗せて読経ヒーリングしようと考えていました

ですが、何か般若心経だけでは物足りない氣がするなぁと感じていたんですね

そして、それと同時にもう一つ唱えたいなぁ、唱えた方が良いなぁと思う真言が思い浮かんでいました

それが、『大日如来』の真言です

その時は、何でそう思うのか自分でも分かりませんでしたけど

まさしく、『直感』ってやつですね

ですが、そこは『直観』をより大事にする道しるべ

この時も、何故『大日如来』の真言を唱えたいのか、考えてはみたんです

しかし、結局、その答えは出せず仕舞だったんですね

それは、当日になっても変わらず・・・

ところがです、事もあろうに、その意味する所をイベントの翌日に氣付いたんですよ

そして、その翌日というキーワードが大いにこの『直感』に関係した

皆さん、イベント当日の日付をご覧下さい、2019年12月21日となっていますよね

という事は、その意味に氣付いた翌日は12月22日になります

皆さん、12月22日といえば、何の日か分かりますか?

そう、あの有名な『改正民法公布記念日』

・・・

いやいや、そっちじゃない(笑)

そうです、みなさんご存知、『冬至』の日です

『冬至』とは、一年の中で一番日照時間が短く、太陽の力が一番弱まり、陰が極まるとされる日

・・・

『太陽』の力が弱まり

・・・

『大日如来』の真言を読みたくなる

・・・

何か繋がりがありそうですよね

『大日如来』とは、宇宙そのもの、この世の最高位の存在であり、全ての根本仏

その智慧の光であまねく、全てのものを照らす存在です

そして、その光は、太陽の光よりも偉大であり、昼夜・場所・方向関係なく、常に全宇宙を照らしているとされている

!!

そうなんですよ、ここ、ここです

道しるべが、無性にその真言を読みたくなった『直感』の意味とは

太陽の力、陽の力が弱まり、陰が極まる冬至を迎えるにあたり、その太陽の力をも凌駕する『大日如来』のエネルギー、陽の力を皆さんに届けるという事、言い方を変えれば、『届けよ』という上からのお知らせだったんですね

これに氣付いた時、俺ってスッゲーって思っちゃいました(笑)

そして、この時が、道しるべの『直感』が『直観』に進化した瞬間です

何故って、何でそう感じたのかの意味が理解出来た訳ですから

えっ?でも、『直観』にしろ『直感』にしろ、その時、瞬間的に感じるもの何じゃないの?

確かに、どちらも瞬間的な感覚なのは間違いないと思います

しかし、道しるべは、『直観』というのものが、脳幹から来る感覚的な『直感』と、そこに自分の今までの経験をベースにした高次の脳の考察が加わる事で、その意味までが瞬間的に導き出される、『直感』が進化した超感覚だと考えています

『直感』は、原始脳である脳幹や松果体がその源とされていますが、これは、他の生物の多くが有する脳の器官です

とすれば、その器官を有する生物であれば、みな『直感』の能力を有しているのではないでしょうか

皆さんは、こんな考え方を聞いた事ありますかね?

『直感』に頼って生きて行けば、上手くいく

道しるべは、この考えは、ある意味正しいと思っていますが、同時に100%正しいとも思っていません

何故なら、もし、これが絶対的な正解というのなら、人類とあらゆる生物は、お互い大いに発展して然るべしです

ですが、実際、現在の地球では我々人類がその食物連鎖の頂点にいる状況です

では、何故、現在、私たち人類が他の生物と比べてこれだけ発展しているのでしょうか?

みなさん、どう思いますかね?

道しるべは、それが、原始脳よりももっと高次の脳の能力、『思考』の力の差から来るものだと思っています

人類は『直感』という感覚だけに頼らず、そこに他の生物よりも発達した高次の脳による『思考』を入れる事で、それを『直観』という超感覚にまで進化させた

そして、その能力を巧みに使って、今日までの発展を手に入れて来たのではないのでしょうか?

『直感』に従う事は、とても大切な事だと思います

今回、道しるべが『大日如来』の真言を読みたいと思い、この奇跡的なシンクロニシティーを経験したのも、まさにそれがキッカケですから

ですが、『直感』はとても曖昧な感覚であり、すんなりと従えないのが通常です

それは、その感覚に確固たる理由が無いから

『何かこうしたい』『何かこれは嫌だ』と感覚が降りて来たとしても、そこに確固たる理由が無く、漠然とした不安があれば、それは恐怖に繋がり、私たちの行動を阻んでしまうのです

更に、この『直感』が本当に脳幹や松果体から来ているものなのかを判断するのもなかなか難しい

ここで、満を持して我々が進化させてきた高次の脳の出番です

それが、その曖昧な感覚に確固たる理由を見付け、裏付けをしてくれるのです

人は、そうする事で、不安や恐怖を解消し、その感覚を行動に移していける

道しるべは、この原始脳と高次の脳がコラボレーションした超感覚が『直観』だと考えているのです

今回の道しるべの場合、当初は原始脳由来の『直感』が優位の行動でした

しかし、それが後日、12月22日が『冬至』であるという新しい知識を得る事で、高次の脳と繋がり『直観』に進化した

道しるべの感覚と知恵が融合した瞬間です

確かに、道しるべにとって、感覚とその理由を同時に感じられ、更にそれがどんな時にでも再現出来るのが究極の形であり、それが私が求める『直観』の真の理想の姿です

残念ながら、今回の道しるべには、これが同時には起こりませんでした

が、しかし、我々は日々刻々と進化を続けています

ですから、道しるべも『直感』を『直観』に、多少のタイムラグはあったにしろ、昇華させる事が出来た訳です

という事は、今後、更に知識や経験を積む事で、この『直観』という超感覚は磨かれる行くし、進化させる事が出来ると思っています

令和元年も終わりに近付き、新しい時代を目の前に、新たな決意をする道しるべ

皆さんも、もし『直感』という感覚に迷った時には、その理由や裏付けを突き付けめていく事をお勧めします

魂は進化する

Voice of Spirit

あなたを護る存在は、いつでもあなたの中にいます

今日も幸せ待った無し!!

只今募集中のイベント

【20201.10.運氣爆上げ】道しるべと行く日帰り東京パワスポ弾丸ツアー(残3名)

ツアー紹介動画(18分程度)

道しるべと行く日帰り東京パワスポ弾丸ツアー、詳細・お申込みはこちらから

只今募集中の講座

人生リフォーマー養成講座

【詳細はこちらから】

人生リフォーマー養成講座の感想はこちらから

量子的タロットリーダー養成講座・阿吽タロットリーダー養成講座

【詳細はこちらから】

その他お客様の感想はこちらから

無料読経ヒーリング

道しるべ脳幹・松果体活性読経エネルギー

新潟-道しるべ-霊視・ヒーリング・タロット・占い・スピリチュアル
道しるべ
michishirube-niigata.com


TEL:090-3574-8061